HOME > 実績紹介 > ステアリング部品加工ラインの省人化を実現。昼夜2直で生産されているマシニング、バリ取り、洗浄、検査工程のロボット化に成功しました。

実績紹介

ステアリング部品加工ラインの省人化を実現。昼夜2直で生産されているマシニング、バリ取り、洗浄、検査工程のロボット化に成功しました。

1.ワークの位置ずれ、位相ずれを画像処理装置で認識させ、ロボットが位置補正してピッキング
2.ロボットトラブル発生時のリカバリー対策と省スペース化のため、天吊り走行形小型ロボット(2台)を同一走行レールに配置。
3.製品加工後の切粉持ち込み対策として、搬送中のワーク及びハンド爪のエアーブローを自動化
4.素材入り通い箱の自動供給、完成品箱の自動排出まで同時に実施
5.各装置の制御をロボットが一元管理
6.省人効果2名/1直 → 0.5名/1直×2直分